色と自律神経の関係性!

色と自律神経の関係✨

ブログの他の記事にも書いてあるので、少し被ってしまいますがおさらいします!

人の体の中でも、心臓の動きや体温などは自律神経により調整されています。

自律神経は意識して操作できるものではありません🙅

この自律神経は、実は色により影響を受けるとも言われています。

自律神経には、

活動する神経の「交感神経」
休む神経の「副交感神経」

の2つがあり、必要に応じて切り替わって働いています!

色は、暖色系の色と寒色系にわけることができます✏️

暖色系の色は交感神経を活発にさせ、
寒色系の色は副交感神経を活発にさせます。

【暖色系】赤や黄、オレンジ:交感神経を刺激

【寒色系】青や水色、紫:副交感神経を刺激

これは実験結果も出ているそうです!

色を暖色系と寒色系にわけた場合
暖色系は「動」の心の状態、
寒色系は「静」の心の状態と
結びつくことが多いようです。

なんと、カラーセラピーで選んだ色から
心が「動」的な状態を欲しているのか
「静」的な状態を欲しているのかがわかるのだとか😳💡

色彩のもつ力をさりげなく身につけてみましょう☺️

テンションを上げたいときには赤色のもの

落ち着きたいときに青色のもの
頭の働きをアップしたいときは黄色
みんなとわいわい楽しみたいときは橙色

など状況と目的に合わせた色を選んでみましょう^ ^💓

The following two tabs change content below.
榊原優子

榊原優子

Myクレド:常に学ぶ姿勢を忘れず、お客様に癒しを与えられ自信の持てる女性になる|ニックネーム:ゆっこ、ゆうこりん、ばらちゃん|動物占い:品格のあるチーター
榊原優子

最新記事 by 榊原優子 (全て見る)

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする